女性と会話が続かない人必見!話を切り返すには共感と○○が重要

Sponsored Links




女性との会話は不正確でもいい?!

女性と楽しく会話を続けるには会話のキャッチボールが必要ですが、それが出来ないとアタフタしてしまいます。

モテる人が女性と話しているのを横で見たり聞いたり手いる人は、どうしてこんなに盛り上がるのだろう?と不思議に思われたりする人もいるのではないでしょうか?

では女性との会話が上手くでき無い人の特徴はどんなところにあるのでしょうか?!

その大きな原因の一つが内容の細かさ、正確さに対する執着です。

会話の際、正確さに執着して、女性に聞かれたことに対して常に100点満点の回答をしようとする人がいます。

ですが、話した内容が客観的に見て情報として正しいかどうかに執着してしまうと、会話のキャッチボールが上手くいきません。

 

女性:「好きな食べ物は何?」

男性:「ラーメンだけど、ラーメンの中でも特に豚骨が好きで、でも豚骨ならな何でもいいわけでない。脂が多いと健康に悪そうだし・・・。」

 

こんな会話になっている人いませんか?話す内容が細かく、いかにも神経質で面倒くさそうではないですか?

会話のキャッチボールにならず、あなたがずっとボールを持っている状態になり女性は楽しくありません。

では逆にモテる男性はどんな会話をしているのかと言うと、あまり深く考えずにノリで返答していることが多いと言えます。

芸能人で言えば、高田純次さんを真似してもらえばいいと思います。高田さんの会話のテンポは素晴らしいですよね。

分りやすいように例えを出しますね!

女性:「好きな食べ物は何?」

男性:「ラーメン!!あの駅前に昔からあるラーメン屋。クセになるね~。行ったことある?」

女性:「行ったことない!」

男性:「まじっ!!めっちゃ有名よ!チャーハンと餃子が最高っ!!」

女性:「ラーメンじゃないんかいっ!(笑)」

男性:「今度、行こうよ!」

このいい加減さが大切なのです。

ノリで話すというのは、良く言えば、リラックスして答えていると言えますし、悪く言えば何も考えてないと言えるでしょう。

しかし、それには理由があるのです。なぜなら男性と女性では脳に違いがあるからです。

男性と女性は脳に違いを意識する

男性は、会話において情報を交換することを求める傾向があるのです。

ですから、男性同士の会話では論理的であるか、事実が正確がどうかと言う点は結構重要です。

特に職場においてはそうでしょう。仕事でノリやザックリとした話をされては話がまとまりません。

それに対して女性は会話において感情を共有しようとする傾向があります。ですから、少々事実と違っていたりしても問題ではありません。

女性にとって情報の正確さの重要度は低いのです。

これは元々、男性は狩猟をする役割を持っていたのに対し、女性は家を守りコミュニティーを維持する役割を持っていたからだと考えられます。

女性にとってはお互い共感することが重要であり、それが価値としてみなされていたわけです。

だから女性と会話する場合、『正確に答えることが正しいことだ』と思っていると大間違いだということなのです。

では、女性と会話する場合、あたふたせずに上手く切り返すにはどうしたら良いのでしょうか?

そのためには、女性の話に対してちゃんと(オーバーに)リアクションを取ってから女性に共感することです。

共感』というと、ウンウンとうなずいたり、「いいね」と言うことだと思われがちですが、モテたいならそれだけでは駄目です。

オーバーリアクションにプラスして共感ワードを入れて答えることが大切です。

共感ワードと言うのは、相手の感情を代弁した言葉を入れるということです。女性の感情に先回りし、言われる前に伝えるということです。

例えば、「○○に旅行に行ったんだ!」と言われたら「ふーん」というのでは無く、「えー!そうなんだ、楽しかったでしょ!」と相手の気持ちを察したワードを入れるということです。

こうすれば、しっかりとリズミカルな会話が進むはずです。

Sponsored Links