野球やゴルフの帽子(キャップ)の型崩れの直し方

Sponsored Links




シワシワの帽子を被るのはカッコ悪い

野球やゴルフの帽子(キャップ)の型崩れの直し方について実際に試して良かった方法をお伝えします。

 

野球やゴルフの帽子を洗ったりすると形が崩れ、しわしわのフニャフニャになりますよね。買った時はカッコ良かったのに一気にダサくなります。

 

よく、そこらへんのおじちゃんが被っている野球帽のイメージってこんなんじゃないでしょうか??フニャフニャでぺちゃんこみたいな・・・。

 

元に戻す方法はないかと『帽子の型崩れの直し方』をネットで検索すると「型崩れを防ぐために洗わずに拭いて陰干しをしましょう!」と書いてあります。

 

分りますけど、「帽子なんてめちゃくちゃ汗を吸収しているのに拭くだけってあんまりやろ!」と思ってしまいます。

 

そこで今回、ゴルフの帽子を洗濯機(手洗いコース)で洗ってフニャフニャになった状態から見事に買った時の状態(近く?!)まで復活させた方法を伝授します。

 

必要なものとして『キーピング(花王)』と『アイロンスチーマー』です。キーピングは洗濯糊です。アイロンスチーマーは、普通のアイロンでもいいですけど帽子の内側に入れやすいので先が細長いアイロンスチーマーがベストです。

帽子(キャップ)の型崩れの直し方の手順

1.洗濯で形が崩れた帽子、アイロンスチーマー、キーピングを準備します。買った時はカッコ良かったのにおっさん臭が漂う普通の帽子に成り下がってしまいました。

2.アイロンスチーマーを活用しキーピングを使用する前にシワを伸ばしていきます。帽子の内側から引っ張るように伸ばしていくと綺麗になります。

3.帽子の内側、外側の全体にキーピングを吹きかけます。そしてアイロンスチーマーを再度、帽子の内側から伸ばしていきます。

4.帽子がパリッとなるまで2.と3.を繰り返します。繰り返すほど糊が強くなっていきます。完全に乾燥したら終わりです。

 

アイロンスチーマー(アイロン)は帽子の内側に先っぽが入るものであれば何でもOKです。ですので、普通のアイロンは厳しいかもしれません。

 

今一番売れているのはスチーマーアイロン

楽天で一番売れているスチーマーアイロン

 

Sponsored Links